和歌山県高校総体の陸上競技がこのほど、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場であり、紀南から男女合わせて5人が各種目で優勝した。  男子は、田辺工業2年の都築勇貴君が1500メートルで4分2秒76、田辺3年の小松拓矢君が400メートルハードルで55秒23、熊野1年の晄眞空君が走り高跳びで1メートル87を記録し、それぞれ優勝した。  女子では、神島2年の木村優花さんが5000メートル競歩で28分10秒21、熊野3年の川口朱莉さんが七種競技で3356点を出して優勝した。  県総体の結果、男子の5000メートル競歩と八種競技、女子の5000メートル競歩と棒高跳び、三段跳び、ハンマー投げ、七...    
<記事全文を読む>