2017年度鹿児島県高校総合体育大会は3日、相撲などがあった。剣道の女子団体は錦江湾が2連覇。男子個人は朴木涼馬(樟南)が2年連続で頂点に立った。相撲団体は樟南が2年ぶりに優勝。無差別級は行大成(樟南)が制した。

 陸上は1600メートルリレーなどで1位になった鹿児島南が男子総合優勝。女子は鹿児島女が、200メートルを淵田杏奈が制するなど総合51連覇を果たした。

  4日はバレーボールなどがある。

...    
<記事全文を読む>