東北高校選手権は24日、各地で17競技を行った。県勢は、レスリング男子団体で秋田商が優勝。新体操女子団体では御所野学院が連覇を果たし、秋田北が2位だった。柔道女子団体は金足農が準V。

 テニス団体の男子・秋田商と女子・聖霊、卓球女子団体の秋田商、ハンドボール女子の湯沢はそれぞれ3位に入った。フェンシング個人フルーレは、女子で田口莉帆(聖霊2年)、男子で松渕真平(秋田北鷹3年)がそれぞれ制覇。

 バスケットボール男子の能代工は、準々決勝で明成(宮城)に敗れた。

...    
<記事全文を読む>