第56回岡山県高校総体(県高体連、山陽新聞社など主催)は18日、県内各地で行われ、バスケットボールの男子は学芸館が7年ぶりに頂点に立ち、女子は就実が4連覇した。

 ハンドボールの男子は総社が8年連続、女子は光南が4年連続の優勝。水泳は女子100メートルバタフライで荒川葵(就実)が1分1秒67の大会新で前日の50メートル自由形と合わせ2年連続の2冠、女子400メートルリレーは美作が4分3秒22の大会新で制した。バスケットボール(笠岡総合体育館)【男子】決勝学芸館68―54岡山工19―1717―1117―1115―15(学芸館は7年ぶり6度目の優勝)【女子】決勝就実97―34岡山東商...    
<記事全文を読む>