全国大会制覇58回を誇る能代工業高校男子バスケットボール部の初優勝から50年を記念したイベントが10日、秋田県能代市で始まった。初日は市総合体育館を会場に、プロバスケットボールBリーグで活躍するOBらの選抜チームと現役部員の試合や、初優勝当時の選手を含む年代別OB戦などが行われ、多くの観客を沸かせた。

 イベントにはOB約130人が集結。メインゲームに位置付けられたOB選抜と現役の試合では、OB選抜の満原優樹(SR渋谷)、内海慎吾(京都)両選手らBリーグプレーヤーや、1996~98年に主力として3年連続3冠に輝いた菊地勇樹さんらが次々と得点。97年の主将だった畑山陽一さんの終了間...    
<記事全文を読む>