サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プレミアリーグ東地区は24日、1カ月半ぶりに再開し、エコパスタジアムなどで第6節3試合を行った。首位の清水ユースは鹿島ユースに0―0で引き分けた。清水ユースは開幕から6戦負けなしで勝ち点14とした。

 清水ユース(14) 0(0―0 0―0)0 鹿島ユース(13) ■ボール支配もシュート5本 清水ユースは鹿島ユースの堅守を崩せなかった。「(鹿島の)守備が堅いのは分かっていたが、もう少し簡単に攻撃してもよかった」と平岡監督。U―19(19歳以下)日本代表GK沖を中心としたリーグ最少失点の相手に、ボールは支配したもののシュートは5本しか放てなか...    
<記事全文を読む>