第64回東海高校総体は18日、県内を中心に陸上、サッカー、柔道、ボクシングなどがあり東海4県の高校生らが熱戦を繰り広げた。

 全国高校総体(インターハイ)東海地区予選を兼ねる陸上競技は、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで15種目の決勝があり、男子八種競技の前川斉幸(宇治山田商)、男子三段跳びの伊藤陸(近大高専)が優勝した。

 東員町スポーツ公園陸上競技場などで開かれたサッカーでは男子・三重が決勝で帝京大可児(岐阜)を1―0で下して優勝。後半アディショナルタイムに直接FKからDF平井理久が決勝点を挙げた。

 久居農林高校で行われたボクシングでは男子フライ級の上村雄音(久居)、同ミドル級...    
<記事全文を読む>