県高校総体は17日、各地で行い、空手の団体組手は男女とも東洋大牛久が頂点に立った。男子は5連覇。重量挙げは女子75キロ級の佐川優佳(大子清流)が155キロで県高校新を更新。男子53キロ級は関信太朗(石岡一)が県高校新で大会2連覇を飾った。ソフトボール女子は水戸商が9連覇。新体操の団体は霞ケ浦、個人は五十嵐遥菜(常磐大高)が制した。

 サッカーは準決勝を行い、鹿島学園と鹿島が決勝に駒を進めた。ハンドボールは、男子は藤代紫水と守谷、女子は水海道二、つくば秀英が決勝進出を決めた。

...    
<記事全文を読む>