■前半3発、佐賀商を零封 県総体の最後を飾るサッカー男子決勝。頂点まで駆け上がったのは強力な攻撃陣をそろえる佐賀東だった。準決勝までの4試合で15得点。この日も佐賀商から前半一気に3点を奪った。先制点を挙げたFW宮城恵太は仲間と肩を組み、「結果を出せてよかった」と喜び合った。

 前半からボールを支配し、小刻みにつなぐパスや相手選手の裏を突く縦パスで徐々にゴールに迫った。切り開いたのは宮城。前半24分、FW中里知己が芸術的なボールタッチで前線に出したボールに反応すると、相手DFとの競り合いを制し、最後は滑り込みながらゴール左隅に流し込んだ。

 今年1月の選手権大会での負傷から戦列復帰...    
<記事全文を読む>