和歌山県高校総体サッカー競技男子の部の準決勝と決勝が3、4日、上富田町朝来の上富田スポーツセンターであり、初芝橋本が優勝した。田辺は準決勝で初芝橋本にPK戦で敗れ、3位決定戦では和歌山工業に延長で敗れて4位。全国大会と近畿大会の出場を惜しくも逃した。

 県総体で10年ぶりに準決勝へ進んだ田辺は、強豪の初芝橋本を相手に持ち前の堅い守備で激しい攻撃に耐えた。35分ハーフの前後半と10分ハーフの延長戦を終えて0―0と互いに譲らずPK戦になり、1―3で敗れた。

 近畿大会出場がかかった3位決定戦では、パスをつないで積極的に攻めたが得点に至らず、0―0で延長戦へ。GK稲葉を中心とした粘り強い...    
<記事全文を読む>