サッカーの平成29年度全国高校総体県予選最終日は4日、葛城市の新庄第一健民運動場で決勝を行い、一条が延長2―2からPK5―3で生駒を下して優勝した。

  一条は前半31分、中井の右からのセンタリングを八木が頭で押し込み先制。後半にも追加点を挙げた。2点リードを許した生駒はペナルティーキックで1点を挙げ、その1分後には紺家が中央からゴールを決めて同点とした…

...    
<記事全文を読む>