「自分を信じ 仲間を信じ たどり着くはひとつの未来」をスローガンに、第70回青森県高校総体は2日、開幕した。初日は青森市のマエダアリーナで総合開会式を行い、74校の選手団が力強い行進を披露した。

 式では、昨年まで9年連続優勝の工大一男子水泳部などを表彰したほか、三沢バドミントン部、三本木少林寺拳法部に奨励賞を授与した。

 大会長の花田慎県高体連会長は「仲間を信頼し、自分はできると信じ、粘り強く戦ってください」と激励。弘学聖愛バレーボール女子部の佐々木志芳主将が選手宣誓した。

 競技はボクシング、サッカー、登山、テニスが始まり、3回戦を実施したサッカー男子は八学光星、三農、工大一、八...    
<記事全文を読む>