四国高校選手権第3日は6月18日、31競技を実施。高知県勢は6競技の団体で男女8チームが栄冠をつかんだ。

 ラグビーは土佐塾高校が高知県勢として初優勝し、バスケットボール男子の高知中央高校、バレー男子の高知高校がともに初の頂点。

 バレー女子の高知中央高校は3連覇を果たした。剣道男子は高知高校が2015年ぶり9度目の優勝。  相撲の明徳義塾高校は3年ぶり19度目の栄冠に輝いた。

 弓道は岡豊高校が男子は8年ぶり2度目、女子は3年ぶり6度目の四国一をつかんだ 陸上は、女子400メートル障害の黒岩星紗碧(せさみ)(土佐女子高校)が1分1秒37の高知県新記録で優勝。6月17日の400メート...    
<記事全文を読む>