東北高校選手権は16日、各地でラグビー、陸上など8競技が行われ、県勢は自転車の男子1000メートルタイムトライアルで中野慎詞(紫波総合3年)が自身の持つ県高校記録、大会記録を更新する1分6秒155で2連覇を達成した。

 6位以内(一部種目を除く)でインターハイ出場が決まる陸上は、男子棒高跳びの刈谷春樹(盛岡南3年)が4メートル80、同ハンマー投げの佐藤大空(そら)(水沢一3年)が56メートル36で優勝。同1500メートルで日本中学記録を持つ佐々木塁(盛岡一1年)は8位に終わり、全国切符を逃した。

 サッカー男子の遠野は日大山形を下し8強入り。盛岡商、専大北上は初戦で涙をのんだ。ラグ...    
<記事全文を読む>