四国4県の代表が競う四国高校選手権前期大会が16日、開幕した。香川県総合運動公園球技場ではラグビーの1回戦が行われ、4県の春季大会1位校が争うAブロックは、つるぎが45―5で高松北に大勝し決勝に進出。2位校同士が対戦するBブロックの城北は66―24で坂出工(香川)を下した。18日の各ブロック決勝で、つるぎは土佐塾、城北は新田(愛媛)と戦う。

 香川県の観音寺第一高校では登山が始まった。

 第2日の17日は、全国総体予選を兼ねる陸上やホッケーなど7競技を含む29競技がある。徳島県内ではソフトテニス、ハンドボール、サッカー、バドミントン、ソフトボール、弓道の6競技が行われる。 <...    
<記事全文を読む>