第69回県高校総合体育大会最終日は9日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎などでサッカー男子とラグビーの決勝が行われ、サッカー男子は長崎総合科学大付が2年連続3度目、ラグビーは長崎南山が4年ぶり8度目の優勝を飾った。いずれも上位2校は九州大会(サッカー=17~19日・大分、ラグビー=17~20日・鹿児島)に出場する。

 サッカー男子決勝の長総大付-長崎日大は前半30分、長崎日大のFW石見がペナルティーエリア内で自ら放ったシュートのこぼれ球を押し込んで先制。長総大付は後半12分、FW安藤がロングスローから同点ゴールを決めた。同19分には再び安藤がMF中村のクロスを右足でたたき込...    
<記事全文を読む>