ゴルフの関東高校選手権埼玉大会は29日、大宮GC(6900ヤード、パー72)で男子個人と団体が行われ、個人は栗原悠宇(埼玉栄)が4アンダー68の好スコアで初の栄冠を手にした。

 2位はトータル71の佐久間怜央(埼玉平成)、3位にはイーブンパーの長倉聖弥(慶応志木)と寺辻真生(正智深谷)が入った。

 メンバー5人のうち上位3人の合計スコアで争う団体は埼玉栄(栗原、村岡、安部、宮城、水田)がトータル214ストロークで13年連続36度目の優勝を飾った。

 団体の上位5校が関東高校選手権(6月12、13日・長野県軽井沢72ゴルフ)の代表権を獲得した。個人はシード選手7人とシード選手を除いた上...    
<記事全文を読む>