軟式野球の春季兵庫県高校大会(神戸新聞社後援)最終日は28日、明石トーカロ球場で決勝があり、報徳が延長十一回の末に2-1で飾磨工にサヨナラ勝ちし、3年連続7度目の優勝を果たした。

 準決勝に続くサヨナラ劇で、報徳が3連覇を達成した。延長十一回1死から井上が四球で出塁。意表を突くバスターとバント安打で満塁とし、柏原がバントを投前に転がした。本塁クロスプレーは捕手の足が離れたとしてセーフの判定。選手たちは満面の笑みでハイタッチを交わした。

...    
<記事全文を読む>