徳島新聞社は19日、徳島県高校総体のボート男女とカヌー男子の優勝旗を新調し、県高体連に贈った。両競技はこれまで優勝旗がなかった。

 優勝旗は男子が青地で女子が赤地。それぞれ金糸で「優勝」の文字が刺しゅうされ、中央には翼を広げたワシと王冠がデザインされている。

 贈呈式には、県高体連の中田寛志会長らが出席。米田豊彦社長から優勝旗を受け取った中田会長は「優勝旗ができたことで選手のモチベーションも上がる。全国での活躍につなげてもらいたい」と話した。

 大会は6月2日に開幕し5日までの4日間、県内各地で32競技が行われる。開幕に先立ち、5月20日からテニスが始まる。
<記事全文を読む>