ボクシングの関東高校大会県予選は16日、水戸桜ノ牧常北校ボクシング場で男子5階級の決勝を行い、ライトウエルター級は柴田嵐(高萩清松)が制した。ライトフライ級は蛭田烈雨(水戸桜ノ牧常北)、フライ級は住谷和人(水戸葵陵)、バンタム級は羽生篤史(同)、ライト級は円谷凌(水戸桜ノ牧)がそれぞれ頂点に立った。各階級の上位2人が関東大会(6月3〜5日・群馬)に出場する。【男子】◇ライトフライ級▽決勝蛭田(水戸桜ノ牧常北) 判定 鈴木(高萩清松)◇フライ級▽決勝住谷(水戸葵陵) 判定 塙(高萩清松)◇バンタム級▽決勝羽生(水戸葵陵) 棄権 吉田(水戸葵陵)◇ライト級▽決勝円谷(水戸桜ノ牧) ...    
<記事全文を読む>