女子ボクシングで昨年、全国2冠に輝いた星野萌(太田東中出身)が日本王者も輩出した群馬県立館林女子高に進学し、ボクシング部に入部した。  本格的に競技を始めて1年ほどで国内の頂点をつかんだ実力者は「高校でも全国で1番になって、まずはアジア大会に出場したい」と意気込みを新たにしている。  ほしの・もえ 2001年6月生まれ。太田中央小―太田東中。中学時代はソフトテニス部に所属。弟の翔も2015年のU―15(15歳以下)全国大会で優勝。170センチ、57キロ。

...    
<記事全文を読む>