【男子】 3月の全国高校選手権団体戦を制した桐蔭学園は個人戦も隙がない。全国選手権無差別級準優勝で、今大会は100キロ級で出場する主将の関根をはじめ、各階級に逸材がそろう。

 全国選手権団体戦で3人抜きした2年の村尾は90キロ級の筆頭候補。豪快な投げ技に磨きを掛け、2年連続の全国総体を狙う。同じく2年の81キロ級の賀持、100キロ超級の千野根も好素材。73キロ級では佐藤虎がリードする。

 対抗するのは東海大相模勢だ。81キロ級の山科、90キロ級の笹谷、100キロ級の石川、100キロ超級の榎田はいずれも実力者。桐蔭勢に待ったをかけたい。

 軽量級は混戦模様だ。60キロ級は大石(桐蔭学園...    
<記事全文を読む>