関東高校大会県予選は3日、各地で行われ、卓球団体は男子が岩瀬日大、女子は明秀日立が頂点に立った。個人ダブルスは男子が高塩晴貴・須田涼太(岩瀬日大)組、女子は何湛然・上島優理(明秀日立)組が制した。テニスは個人戦があり、男子シングルスは藤原大生(東洋大牛久)、女子ダブルスは立山里菜・猪瀬瑞希(同)組が優勝した。

...    
<記事全文を読む>