8月にタイ・バンコクに遠征するバレーボール男子の全国高校選抜メンバーに花巻北のオポジット(OP)荒木田光一(3年)が選ばれた。代表12人の最後の1枠に滑り込んだサウスポーは「選抜チームで教えられたことを生かし、国体などで本県を引っ張れる存在になりたい」と意気込む。

 これまで県代表にも選ばれたことがなかった。今回も一度はメンバーから漏れたが、追加招集され「全国大会で活躍する選手の中で自分は無名。世界に通用するプレーを吸収したい」と挑戦者の気持ちで遠征を待つ。

 盛岡南高などの監督を務めた県協会前副会長、父光孝さんの影響を受け花巻中1年から競技を始めた。高校入学後すぐにレギュラーに定...    
<記事全文を読む>