紀南9高校による春季バレーボールリーグ戦が4月29、30日、和歌山県みなべ町芝の南部高校体育館であった。男子の部は田辺工業、女子の部は熊野が、いずれも冬季リーグに続いて優勝した。  男子の部は田辺市と上富田町の4校が出場し、総当たりの予選リーグの後、順位決定戦をした。  予選リーグで3戦全勝した田辺工業と2勝1敗の神島が優勝決定戦に臨み、田辺工業が2(25―11、25―18)0で勝った。  女子はみなべ町から新宮市までの8校が出場。2グループに分かれての予選リーグの後、各グループ上位2チームの計4チームでトーナメント戦をした。  決勝は冬季大会に続き、熊野と神島が対戦。熊野が2...    
<記事全文を読む>