第55回島根県高校総合体育大会の前期第2日は27日、陸上、柔道、ボートなど7競技が行われ、柔道団体男子は開星が3連覇、女子は明誠が初優勝に輝いた。レスリング団体は隠岐島前が2年連続28度目の優勝。陸上で新たに正式種目となった女子棒高跳びは古和里奈(大社)が高校島根県新の3メートル20で制した。女子3000メートルを10分5秒92で制した三浦優葉(益田東)は1500メートルと2冠に輝いた。

 ボートの女子ダブルスカルは江津工(藤田咲良、沖田海里)が優勝し、シングルスカルは男子が高木陽大、女子は林希美の松江東勢が圧勝した。自転車トラックでは播磨祐季(出雲工)がケイリン、4000メート...    
<記事全文を読む>