青森県高校総合体育大会の陸上競技は第2日の26日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で男女の決勝10種目と男子八種競技の最終種目を行った。男子400メートルリレーは、弘前実が連覇。機材トラブルにより記録は出なかった。同砲丸投げは千田凌(五所工)が14メートル91で初優勝した。女子は円盤投げで奈良岡翠蘭(弘前中央)が33メートル49をマークし、25日のやり投げに続いて優勝。同走り高跳びで奥沢海砂(弘前実)が大会記録(1メートル70)に迫る1メートル66で初の頂点に立った。第3日の27日は男女で決勝10種目を行う。

...    
<記事全文を読む>