県高校総合体育大会は26日に開幕し、陸上と自転車が各地で行われた。陸上は、男子棒高跳びで宮内敦史(酒田光陵)が4メートル60を成功させ頂点に立った。男子1500メートルは大沼翼(東海大山形)がラストの接戦を僅差で制し4分0秒61で優勝した。男子走り幅跳びは五十嵐祐人(鶴岡工)が7メートル21をマークし1位となった。

 男子400メートルは近悠大(東海大山形)が48秒69で優勝。同会場で陸上が実施される全国高校総体夏季大会(南東北インターハイ)の同種目で活躍が期待された生亀幸輝(山形中央)は予選敗退だった。このほかには、今年のインターハイから実施種目となる女子ハンマー投げは半田愛(...    
<記事全文を読む>