(第3日・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場=14日) 男女計11種目の決勝などを行い、女子棒高跳びは橋本直(越谷南)が大会新記録の3メートル71で初の頂点に立った。

 男子200メートルは佐野陽(立教新座)が21秒35で初優勝。100メートル、400メートルリレーに続き3冠に輝いた。同800メートルは入江亮輔(春日部共栄)が1分54秒85で初優勝し、1500メートルとの2冠を獲得した。

 女子200メートルでは岸千夏(市浦和)が12秒04で初優勝を飾り、100メートルとの2冠を達成した。

 女子走り幅跳びは小野瀬桃華(埼玉栄)が5メートル94で2連覇。男子やり投げは宮崎達也(西武台)が6...    
<記事全文を読む>