第55回県高校総体兼全国高校総体(インターハイ)県予選会(県高体連など主催、神奈川新聞社など後援)は13日、陸上や卓球などで熱戦を繰り広げた。陸上は等々力陸上競技場で開幕し、男女7種目の決勝を行った。

 男子1500メートルは内田隼太(法政二)が3分56秒56の大会新記録で優勝。同400メートルはメルドラム・アラン(相洋)が47秒94で制した。

 恐れ知らずの2年生がロングスパートを実らせた。男子1500メートルを大会新記録で制したのは法政二の内田。「2年生なんで、どんどんいっちゃえって」。ラスト2周、全力で駆け抜けた。

 序盤は同校の先輩・山本と鎌倉学園の石鍋が引っ張る展開。 ...    
<記事全文を読む>