バスケットボールの第30回能代カップ高校選抜大会が3日から4日間、秋田県の能代市総合体育館で開かれる。30回の節目を記念して男子の招待校を例年より1校増やし、地元の能代工を含む7校でリーグ戦を行う。試合数増に伴い、例年3日間の日程も1日延ばした。大会は市バスケットボール協会と能代市山本郡バスケットボール協会の主催。

 招待校は、連覇を狙う福岡大大濠(福岡)のほか、能代カップ常連の市船橋(千葉)と洛南(京都)、明成(宮城)、それに初出場の中部大第一(愛知)と開志国際(新潟)の6校。

 3~5日には市総合体育館と能代山本スポーツリゾートセンター・アリナスで女子のリーグ戦が行われ、能代、...    
<記事全文を読む>