静岡県高校総体は27日、陸上、柔道、サッカーなどを行い、陸上男子400メートルリレーは浜松工(中村彰太、鈴木涼太、石神明人、松下来樹)が準決勝で40秒73、決勝で40秒87といずれも大会記録(40秒92)を上回る快走で初優勝した。女子100メートルは園宮璃子(韮山)が12秒08で連覇。女子800メートルの朝日春瑠(富士市立)も2分13秒51で2年連続優勝を飾った。男子円盤投げは内藤陽樹(伊豆総合)が45メートル61で制した。

 柔道団体は男子の加藤学園が初優勝。女子は藤枝順心が2年ぶりに頂点に立った。サッカー男子は準々決勝を行い、静岡学園などが4強入り。常葉大橘がシードの浜松開誠...    
<記事全文を読む>