静岡県高校総体は21日、バドミントンや空手などを行った。バドミントン団体の女子は常葉大菊川が初優勝し、男子は星陵が2年ぶりに制した。空手の男子組手団体は御殿場西が連覇。形個人で男子は渋谷優太(御殿場西)、女子は山田瑞稀(御殿場西)がそれぞれ制した。ボートのかじ付きクオドルプルは男子の浜松西、女子の浜松大平台が頂点に立った。サッカー男子は3回戦を行い、磐田東、静岡学園、清水東などが準々決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>