■静学4得点 連覇へ好発進  静岡学園は静岡商に4得点を浴びせ、新人大会に続く静岡県2冠と静岡県総体連覇に向けて好発進した。開始早々に右CKから先制。後半開始直後にも右CKから追加点を奪い、川口監督は「課題だったセットプレーから得点が生まれたのは大きい」と試合内容に手応えを感じていた。  昨年の県選手権から10番を背負う渡井理主将は精度の高いパスが光り、3点目の起点になったほか、自ら得たPKを決めるなど圧倒的な存在感を示した。渡井理は「堅い守備でもつないで崩せる自信がある」と全国出場を見据えた。

...    
<記事全文を読む>