第52回群馬県高校総体は14日、各地で23競技を行った。

 バレーボール男子は前橋商が18年ぶりの王座に就き、同女子は高崎商大附が2連覇した。剣道団体は男子で前橋育英が5年ぶり、女子で健大高崎が2年ぶりの頂点。ハンドボールは男子の富岡が22年連続、女子は富岡東が5年連続の優勝。

 サッカー男子は前橋商が3連覇、ラグビーは明和県央が2年ぶり6度目の栄冠を勝ち取った。15日は3競技を行う。

...    
<記事全文を読む>