県高校総体は14日、県グリーンスタジアムほかでサッカーなどを行った。

 サッカー決勝はともに初優勝を懸けた戦いとなり、さくら清修が2-1で宇短大付に競り勝ち、初の栄冠を手にした。

 バスケットボールは女子の白鴎足利が、決勝リーグ3戦全勝で初優勝。男子は文星付が2連覇した。バレーボールは男子の足工大付が作新を2-0で下して4年連続37度目、女子の国学栃木は宇中女に2-0で勝ち、11年連続31度目の優勝を飾った。

 陸上は男子400メートルリレーで作新が40秒55の大会新記録で優勝。女子400メートル障害の黒岩恭香(くろいわきょうか)(小山西)も1分1秒71の大会新記録で頂点に立った。

 ...    
<記事全文を読む>