第69回県高校総体第4日は28日、各地で新体操、弓道など11競技が行われ、ソフトテニス団体女子は水沢が決勝で花巻南を下し、31年ぶりに優勝旗を取り戻した。男子は黒沢尻北が5連覇。バスケットボール男子は盛岡市立が2年ぶり、女子は一関学院が3年ぶりに王者に返り咲いた。

 弓道団体女子は3校が横一線で並ぶ激戦を盛岡一が制し、9年ぶりに栄冠を射止めた。男子は一関工が3連覇した。ラグビー15人制Aブロックは黒沢尻工が北上対決を制し2年ぶりの王座。新体操女子団体は盛岡三が2連覇した。空手道組手団体は釜石が3年続けて男女同時優勝を果たした。

 陸上女子800メートルは熊谷百花(盛岡誠桜3年)が制...    
<記事全文を読む>