鳥栖工高ラグビー部が今年で創部70年を迎えた。鳥栖市のベストアメニティスタジアムで13日、現役生やOBによる記念試合があり、年齢差を越えて楕円(だえん)のボールを追い、はつらつとしたプレーを見せた。

 同部は1947年、教諭の呼び掛けで部員15人の同好会として始まり、これまでに約670人の部員が巣立った。記念試合はOBらが発起人会を設けて実現し、現役生とOBの計約100人が駆け付けた。

 現役生は招待試合で熊本工高と対戦し、24-24で引き分けた。3年生の藤田晃平主将(17)は「先輩が積み重ねた伝統を受け継ぎ、もっと良いラグビー部にしたい」と誓う。県内では選手層が厚い佐賀工高の1強...    
<記事全文を読む>