県高校総体は6日、真岡市の鬼怒自然公園サッカー場ほかでサッカー、ラグビーなどを行った。

 サッカーは準々決勝4試合を行い、前年覇者の真岡が0-1でさくら清修に惜敗。佐野日大も延長の末、2-3で宇短大付に敗れた。このほか、白楊、宇都宮がベスト4に名乗りを上げた。

 女子サッカーは準決勝を行い、宇中女と文星女が決勝進出。10連覇を目指す文星女は4-0で白鴎足利に快勝した。

 ラグビーは準決勝などを行い、佐野日大と国学栃木が決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>