長北ラグビーフェスティバルが3日、長門市の俵山スパスタジアムで開幕した。6日まで試合や合同練習などを行う。

 萩商工、萩、大津緑洋、美祢青嶺の4校がゴールデンウイークに合わせて昨年から実施。ことしは熊本工(熊本)や崇徳(広島)の県外2校を含む10校が参加した。

 練習試合では、各校がトレーニングの成果を披露しようと、本番の試合を想定して対戦。ボールを持って前に進んだり、パスを回したりしてトライを目指した。

 中国高校ラグビー大会が控えている萩商工3年の大平伊織主将(17)は「チーム全体のレベルアップができている。普段あまりやることないチームとできて良い経験になった」と話した。 ...    
<記事全文を読む>