那須町湯本の国有林で登山講習会中だった大田原高生徒と教諭の計8人が死亡した雪崩事故を受け、県高校体育連盟(高体連)と県教委は24日、いずれも日光市内で予定していた5月12~14日の全国高校総体(インターハイ)の登山競技の県予選会、同じく6月16~18日の関東大会県予選会の中止を決めた。県高体連事務局によると、記録が残る1975年度以降、両予選会の中止は初めて。本大会への選手派遣も見送る。

 県内山岳部の各顧問教諭らで構成する県高体連登山専門部が21日、宇都宮市内で総会を開き、主管する両予選会を自粛する方針を確認。主催する県高体連と県教委は24日、専門部から報告を受け、協議し中止を...    
<記事全文を読む>