県教委は20日、高校スポーツの競技力強化を図る本年度の推進校に21校23競技45部を選び、指定証を交付した。県内トップの力があり、今後の活躍が期待される育成校7校8競技9部、中高一貫競技力向上拠点校に中学校14校12競技18部も指定。3部門に総額約2200万円が支給され、遠征や合宿などの選手強化に充てる。

...    
<記事全文を読む>