大分県で3月に開かれた空手の全国高校選抜大会で、御殿場西高が女子団体形で初優勝した。メンバーの一人、3年勝間田桃奈さん(17)=御殿場市=は、同校OBで27年前に団体形で全国制覇を成し遂げた父和優さん(44)に続き、親子2代で日本一になった。父に憧れて空手を始めた桃奈さん。一緒に菊池基校長に結果を報告し「同じ高校で頂点に立つという目標を達成できて光栄」と喜んだ。  桃奈さんが空手を始めたのは小学4年の頃。1990年の全国高校選抜大会で優勝経験を持つ和優さんは「大変さが分かっているので、できればやらせたくなかった」と反対したが、最後は「桃奈の情熱に折れた」と思い起こす。  桃奈さ...    
<記事全文を読む>