全国高校選抜大会は31日までに、県勢不出場のラグビーをのぞく23競技で全日程を終え、県勢は15競技延べ40種目で8位以上に入った。すでに活躍している実績組の順調な活躍や、新2年の初の全国での躍動など夏の全国総体はじめ今後に期待が膨らむ内容だった。

 3位以上の13種目のうち、半数を超える7種目が団体。中でも実績組のボート女子かじ付き4人スカルの加茂は、主力メンバーが残り、2着のクルーに3秒以上の大差を付ける別次元の強さを見せつけた。数多くの全国優勝クルーを育て上げている古田丈博監督は「まだ伸びしろはある」とさらなる成長を示唆、全国総体や国体との3冠も現実味を帯びている。ソフトボー...    
<記事全文を読む>