8月にタイ・バンコクに遠征するバレーボール女子の全国高校選抜メンバーに盛岡誠桜のウイングスパイカー(WS)佐々木海空(みく)主将(3年)が選ばれた。全日本中学生選抜に続く代表入りで「選ばれた責任を持ってプレーしたい」とレベルアップを誓う。

 メンバーは2月のドリームマッチで48人、3月の2次合宿(いずれも大阪市)で24人に絞られ、4月に代表12人が決まった。狭き門を突破した佐々木は「昨年は選ばれずに悔しい思いをしたので、うれしかった」と喜びを語った。

 厨川中(盛岡)3年時に全日本中学生選抜入りし、日韓交流戦に出場。盛岡誠桜高では1年からコートに立ち、昨年は岩手国体少年女子5位に貢...    
<記事全文を読む>