第71回小城観桜大会兼第62回全九州バレーボール総合選手権大会県予選会・高校の部最終日は23日、多久市の多久高体育館などで男女の決勝までがあり、男子は佐賀学園が佐賀商を2-0で破り3年ぶりの頂点に立った。女子は清和が鳥栖商を2-0で下し、2連覇を果たした。

 男女上位各2校は5月13、14の両日に熊本県である九州大会に出場する。

 【男子】準々決勝 佐賀商2-0佐賀西、武雄2-0佐賀工、佐賀学園2-0鳥栖工、神埼2-1鳥栖▽準決勝 佐賀商2-0武雄、佐賀学園2-0神埼 ▽決勝佐賀学園 2(26―24)0 佐賀商      (25―22) 【女子】準々決勝 清和2-0唐津東、佐賀北2...    
<記事全文を読む>