陸上の県高校ジュニア選手権は29日、宮崎市のKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場で開幕した。第1日は男女18種目の決勝などを行い、女子走り幅跳びの水元五月(宮崎商)が5メートル61の大会新記録で優勝。男子110メートル障害の福野陸(宮崎工)、女子円盤投げの岡本光生(同)も大会新で頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>