(第4日・埼玉スタジアム第2グラウンド=29日) 準決勝を行い、昌平と正智深谷がともに2年連続で30日の決勝(14時・浦和駒場スタジアム)に進出し、関東高校大会(6月3~5日・埼玉)の代表権を手にした。関東大会出場は昌平は2年連続2度目、正智深谷は2年連続6度目。

 前年優勝の正智深谷は初の関東を狙った狭山ケ丘を2―0で退けた。後半途中から出場した石橋が2得点し、振り切った。新人大会覇者の昌平は5―1で浦和西に快勝。0―0の後半、渋屋のゴールをきっかけに佐相、吉田、古川、伊藤の連続得点で突き放した。

 後半に攻勢を強めた正智深谷が数少ない決定機をものにして狭山ケ丘を2―0で振り切っ...    
<記事全文を読む>