サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プレミアリーグ東地区は23日、藤枝総合運動公園サッカー場などで第3節4試合を行った。清水ユースは浦和ユースに2-1で逆転勝ち。3年ぶりの開幕3連勝で首位を守った。

  ▽東地区 清水ユース(9) 2(1―1 1―0)1 浦和ユース(3) ■鈴木魁が逆転弾 清水ユースの鮮やかな逆転勝ちだった。1―1の後半43分、FW平墳(ひらつか)が左サイドを切れ込んでクロスを上げ、MF鈴木魁が頭で流し込んだ。「相手GKの位置は見えていた。頭に当てるだけだった」と鈴木魁は勝利に貢献したことを喜んだ。

 開幕3連勝。3試合とも決勝点は鈴木魁が奪っている。昨年末に...    
<記事全文を読む>