(関東大会県予選 第3日・聖望学園グラウンドほか=22日) 準々決勝が行われ、昌平、浦和西、狭山ケ丘、正智深谷が準決勝に進出した。

 狭山ケ丘は聖望学園に3―1で競り勝ち、2年連続の4強に進出。新人大会王者の昌平は佐相の4得点などで浦和南に9―0と大勝した。

 浦和西は埼玉栄を3―1で破り、1996年以来、21年ぶりの準決勝に駒を進めた。今冬の全国選手権代表の正智深谷は慶応志木に2―0と快勝した。

 準決勝は29日、埼玉スタジアム第2グラウンドで行われ、昌平―浦和西(11時)、狭山ケ丘―正智深谷(13時)のカードで実施される。

...    
<記事全文を読む>